金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  高知に伝わる結婚式今昔

高知に伝わる結婚式今昔

高知県の結婚式について紹介したいと思います。結婚式のスピーチを高知県でするときの
話題作りとして参考になればと思います。
結婚式のスピーチを高知県でする人というのはほとんどが高知県出身の人なんでしょうね。

高知県の結婚式というのは特に決まった儀式などは無いようですが、結納に関することを
話すと一般に結納を「イイレ」と言っているようです。
仲人は大安吉日を選んで「汐の込んでいる内」に先方へ納めに行きます。

婿方では仲人が結納品を受けにくると、昆布茶か桜茶をだしてイイレ(結納)のお願いを
します。仲人は花嫁方に着くと、結納の飾り付けをします。

この飾り付けが終わると目録の上に富久沙を掛けて、花嫁方の主人に差し出して口上を述
べます。花嫁方は「御請」と書かれた受書を仲人へ渡しその後で、酒肴で接待します。

また、花嫁方からの結納返し(お返しのし)というのは、婿方より一段控えめにして、
目録とともに渡します。指輪を貰った場合には、返礼としてタイピンセットなどを一緒に
入れるのが一般的だそうです。

 <  前の記事 愛媛に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 福岡に伝わる結婚式今昔  > 


出会い