金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  愛媛に伝わる結婚式今昔

愛媛に伝わる結婚式今昔

愛媛県の結婚式について紹介したいと思います。結婚式のスピーチを愛媛県でするときの
話題作りとして参考になればと思います。
結婚式のスピーチを愛媛県でするということは滅多にあることでは有りませんよね。

地元の方が多いのだと思います。愛媛県の結婚式というのは特に特別なしきたり等はない
ようですが結婚式の当日に「婿入り」と言って、花嫁方の実家へ仲人夫婦と婿と婿の両親
が挨拶に行く風習というのがありましたが、今ではまったく行われていないようです。

ですが、そのかわりに結納当日仲人夫婦とともに婿と婿の両親が同行することが多くなっ
ているそうです。

その日というのは吉日を選んで結納品(結納品の中に履物や足袋を必ず加えるそうです)
を持っていきます。

花嫁方では受書と結納返しの品(熨斗、末広、御袴料、共白賀、松魚料、柳樽料、タイピン
セットなどです)を用意しておくようです。

御袴料は結納金の一割、松魚料と柳樽料は婿方の半額としています。最近では花嫁方から
の結納も、結納当日その場で渡してしまうことが多いそうです。 

 <  前の記事 香川に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 高知に伝わる結婚式今昔  > 


出会い