金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  山口に伝わる結婚式今昔

山口に伝わる結婚式今昔

山口県の結婚式について紹介したいと思います。結婚式のスピーチを山口県でするときの
話題作りとして参考になればと思います。
自分も結婚式のスピーチを山口県ではしたことがありません。

山口県の結婚式というのはそんなに変わった風習などはなく最近はホテルや結婚式場で
行う事が多いようです。

結婚式の費用は都会では六分四分で婿側がやや多いか、又は七分三分で婿方がもう少し
負担するかで、郡部では婿方が全額負担するという場合が多いようです。

今では婿と花嫁六分四分が半分半分というところが増えているため全額負担は大きいです
よね。
結納品の数は9品で結納金の金額は100万円で名称は「御帯料」と称しているようです。

また結納をする前にする儀式として「寿美酒(すみざけ)」酒一升、鯛一匹を納めるという
儀式があります。鯛は金包が多いみたいです。

ちなみに結い納品の9品ですが茂久録、熨斗、寿恵広、御帯、家内喜多留、松魚、子生婦、友白髪、
百飛喜だそうです。

 <  前の記事 広島に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 徳島に伝わる結婚式今昔  > 


出会い