金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  広島に伝わる結婚式今昔

広島に伝わる結婚式今昔

広島県の結婚式について紹介したいと思います。結婚式のスピーチで広島県でするときの
話題作りとして参考になればと思います。

結婚式のスピーチを広島県でするのでも情報があるのと無いのでは来ている人の受け取り
かたも違ってくると思います。
広島県の結婚式というのは最近ではホテルや結婚式場で行われることがほとんどのようです。
結婚挙式料は婿方が全額負担で披露宴は六分四分だそうです。

仲人への御礼は結納金の一割位となっているようですが、それはあくまでも目安であって、
それよりも多い金額になる事も少なくはないようです。
結納品の数は5品から9品で、結納金の金額は50万円、70万円、100万円だそうです。
結納前に行う儀式として「決め酒」「かため」「根切り」を婿方より酒、肴を贈ります。
酒肴料が多いようです。

何年か前に私の知人が広島で結婚しましたが、そのときの結婚式には出席していないので
スピーチなども聞いてませんが広島県の仕方でしたのでしょうかね。

 <  前の記事 岡山に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 山口に伝わる結婚式今昔  > 


出会い