金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  岡山に伝わる結婚式今昔

岡山に伝わる結婚式今昔

岡山県の結婚式について紹介したいと思います。結婚式のスピーチで岡山県でするときの
話題作りとして参考になればと思います。
結婚式のスピーチを岡山県でするのでも全く話題が無いのはさびしいものだと思います。

岡山県の結婚式というのは結婚式そのものは変わった仕方や習慣というのはないようですね。
ですが結納や結納返しにはおもしろいしきたりがあるようです。

それは「流し風呂敷」といって、持ってきた婿方の目録の上に風呂敷(ふくさでも良い
ようです)を掛ける習慣があります。
昔は目録の上に掛けるのは風呂敷ではなく、羽二重の白生地だったそうです。

これを花嫁がふくさに仕立てて嫁入りの時に持ってきたそうです。
ですが今では、そうした嗜みを持つ女性が少なくなってきているので、初めから出来合い
の風呂敷にするようになったそうです。

結納式の手順については特殊なものはないようですが、岡山県では結納返しの品を「土産
のし」あるいは「返しのし」と言うそうです。
婿方より一段控えめな品目にします。

内容は熨斗や寿恵広、袴料、家内喜多留、松魚料で、袴料は小袖料の一割とされているよう
です。

 <  前の記事 島根に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 広島に伝わる結婚式今昔  > 


出会い