金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  和歌山に伝わる結婚式今昔

和歌山に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチを和歌山県でするときの参考になればと和歌山県の結婚式について紹介
したいと思ったんですが、驚くことに和歌山独特な、特別な仕方や風習といったことは
ないようです。

結婚式のスピーチを和歌山県でするのに必ずふれなければいけないということはないので
良いと思います。
結納や結納返しのしきたりとしては仲人と親戚の人達二人ほどが持っていくようです。

親戚二人のうち、一人は「樽持ち」といって、角樽に懸鯛をつけたものを持って行くと
いうところもあるそうです。
その他結納品として重箱にお米を入れるというのもあります。

仲人は結納品を床の間(花嫁方の家)に飾って、口上を述べます。
花嫁方の代表者が目録を受け取った後で、盃のやりとりがあってお膳が出てきます。

仲人は受書を貰って婿方へ報告します。また和歌山県では結納返しはほとんど行われて
いないようです。結納だけでもすごく大変そうですよね。
でも結納の儀式というのはとても大切だと思います。

 <  前の記事 奈良に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 あがらずに結婚披露宴の祝辞を上手くこなす方法  > 


出会い