金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  奈良に伝わる結婚式今昔

奈良に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチを奈良県でするときの参考として奈良県の結婚式について紹介したいと
思います。奈良県の結婚式というと盛大な感じがしませんか?
奈良県に友人がいますが結婚式のスピーチを奈良県でまだしたことがないようです。

奈良県の結婚式というのは最近ではホテルや結婚式場で行う事が多く、結婚式費用は大阪
とだいたい同じで仲人に対する御礼も花嫁方から受書と一緒に納められた「多芽」を結納
当日お礼として渡すそうです。

結い納品の数は多いですね。5品から23品でだそうです。
結納金の金額も高額ですね。100万円から200万円だそうです。
最低が100万円というのはすごいとおもいませんか?

結納や結納返しのしきたりとしては午前中に仲人が持っていくようです。
手順は京都とだいたい同じようで、ここでも仲人は「多芽」として結納金の一割を貰います。

花嫁方では、親戚を集め、仲人と一緒に会席膳を囲みます。
またこの儀式を「たのみ」とも言うようです。

 <  前の記事 兵庫に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 和歌山に伝わる結婚式今昔  > 


出会い