金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  大阪に伝わる結婚式今昔

大阪に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチを大阪府でする時の参考になればと大阪府の結婚式について紹介したい
と思います。大阪の結婚式というととてもにぎやかなイメージがありませんか?
結婚式のスピーチを大阪でするのもにぎやかな感じがしますね。

大阪の結婚式というのは仲人が婿と花嫁を迎えに行くという事はあったのですが、最近は
結婚式場へそのまま直行する方が多いようです。

結婚挙式料は半々にもつということで、披露宴の費用は人数割りというのが一般的ですが
両家の話し合いによるようです。

仲人へのお礼というのは、両家合せて結納金の一割とされているようですが、お世話に
なった度合などで仲人の社会的地位によっては一割以上包むという場合もあるそうです。

これに熨斗を添えて片木台にのせて結婚式後なるべく早くに両家の親が持って行くのが
一般的で本人が持っていく場合は新婚旅行の後すぐに伺うようです。

両家半々にするときまっているようです。
結納金の金額も50万円から100万円と幅が広いです。

 <  前の記事 京都に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 兵庫に伝わる結婚式今昔  > 


出会い