金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  石川に伝わる結婚式今昔

石川に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチを石川県でするときの参考になればということで石川県の結婚式について
紹介したいと思います。

少し前に丁度知人が結婚式のスピーチを石川県でしてきました。
知人の実家が石川県だったんです。

石川県の結婚式ですが、これといって特別な風習や慣わしといったことはないようです。
ホテルや結婚式場で挙げるケースがほとんどのようです。

石川県では結納から結婚式までに行う儀式があってそれは「合わせ水」と言うもので、
花嫁は家の水を竹筒に入れて結婚式の前に婿の家へ持っていきます。婿方でもやはり竹筒
に自分の家の水を入れておいて一つの器に両方の水を入れます。

この後に花嫁の仏壇へ参るという儀式です。
ですが今では行っている家は少なくなってきているようです。
結い納品の数は7品、9品で、名称は「帯料」と称するそうです。

結納金の金額は30万円、50万円、100万円だそうです。
荷物納めは婚礼の一週間くらい前に荷物を出すそうです。婚礼支度は非常に派手だそうです。

 <  前の記事 1日たった15分だけで結婚式スピーチに活かせるあがり症克服の秘訣  |  トップページ  |  次の記事 福井に伝わる結婚式今昔  > 


出会い