金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  富山に伝わる結婚式今昔

富山に伝わる結婚式今昔

結婚式スピーチを富山県でするときの参考になればと富山県の結婚式について紹介したい
と思います。
結婚式のスピーチの内容に富山県のことを少し入れるのも良いかもしれません。

富山県は西部地方と東部地方とがあるのですがこの違いというのはそんなにないようです。
富山県の結婚式というのは、「おちつきの水」というのがあって、婿の方で予めかわらけ
に水を入れた物を用意しておきます。それを花嫁が飲むという儀式です。

またそのかわらけは飲んだその場で割ってしまうそうです。
富山県の結い納品の数は5品から11品と数の幅が広いですね。

結納金の金額は30万円、50万円、100万円だそうです。
これは西部地方も東部地方も同じようです。
結納する日は婿側から仲人夫妻と両親、もちろん本人も一緒に午前中に持参します。

花嫁の方では両親と本人が受けます。受書はありません。
花嫁側の接待というのは非常に派手だそうです。これは東部地方も同じで派手だそうです。

 <  前の記事 三重に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 結婚準備、オリジナルウエディング、演出アイデアの情報サイト - Happiness!WEDDING  > 


出会い