金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  三重に伝わる結婚式今昔

三重に伝わる結婚式今昔

三重県の結婚式について紹介します。
結婚式のスピーチを三重県でするときの参考になればと思います。

三重県といっても北部地方、南部地方、四日市、伊勢、三重上野とありますが、まずは
北部地方から紹介していきます。
三重県の結婚式というのはホテルや式場で挙げる事が多いようです。

結婚式の費用ですが婿方が六分、嫁方四分という割合で負担します。仲人に対する御礼と
いうのは結納金に対して一割くらいだそうです。
旅行などを含めすべての事が終わってから両家の親が二人で持参するようです。

金額は費用と同じく六分四分で婿方と嫁方が負担します。
結い納品の数は9品、11品だそうです。伊勢では9品、11品、13品、15品だそうです。
他の地区に比べると多いかもしれませんね。

また結納金の金額は80万円から100万円とやや高額ではないでしょうか。
新潟は30万円から50万円くらいだそうですから、その土地によって違うものですね。
結納金の名称も「小袖料や衣服料」とするようです。

 <  前の記事 岐阜に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 富山に伝わる結婚式今昔  > 


出会い