金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  長野に伝わる結婚式今昔

長野に伝わる結婚式今昔

長野県の結婚式について紹介したいと思います。
結婚式のスピーチを長野県でするときの参考になればと思います。
結婚式のスピーチをいつ長野県でしなければいけないときがあるかもしれませんからね。

長野県の結婚式というのは特別かわった風習などはありません。
最近ではホテルや結婚式場で挙げる場合がほとんどのようです。
結婚披露宴の費用は人数割にしているみたいです。

また仲人へのお礼ですが結婚式が終わった後に両家の親が(たいてい父親です)仲人に
頂いているお祝の倍位で両家折半で持参するという風になっているみたいです。
結い納品の数ですがやはり7品、9品だそうです。

結納金の金額は20万円、50万円、70万円となっているようですがこの違いは何でしょうね。
ですが結納金の基準としては月給の3ヶ月分だそうです。
荷物納めをするのは婚礼の前日迄に荷目録を添え持参することになっています。

婿方では荷受書を用意しておくそうです。一般に家族への土産のやり取りといったことは
ほとんどないみたいですが祝儀は両家共出すようです。

 <  前の記事 山梨に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 新潟に伝わる結婚式今昔  > 


出会い