金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  山梨に伝わる結婚式今昔

山梨に伝わる結婚式今昔

山梨県の結婚式について紹介したいと思います。
結婚式のスピーチを山梨県でするときの参考になればと思います。
結婚式のスピーチをいつ山梨県でしなければいけないときがあるかもしれませんからね。

山梨県の結婚式というのは「嫁迎え」が県内のそれもかなり広い範囲に亘り行われています。
結婚式の当日午前中に仲人と本人と親族代表5人~7人位で花嫁を迎えに行きます。

「花嫁さんをお迎えにまいりました」と一言あいさつをしてそれに対して嫁方では「これ
はご丁重にご苦労さまです」と一言あいさつをかわして迎えに来た一行を奥へ招じ入れ
仲人が婿方と嫁方の親族を紹介して婿方より土産物があれば仲人が披露します。

嫁方で土産を納めて両家の盃の儀に移ります。ですが今はホテルや結婚式場を使って式を
挙げるためにその他は東京方面とあんまり変らないようです。
結納金の名称は「宝金」としているようです。

結納金の金額は30万円から50万円くらいと月給3ヶ月分くらいだそうです。

 <  前の記事 神奈川に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 長野に伝わる結婚式今昔  > 


出会い