金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  埼玉に伝わる結婚式今昔

埼玉に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチに参考になればと埼玉県について紹介したいと思います。
埼玉県の結婚式というのは昔ですが平地では、午前中に仲人や親戚、兄弟それに隣組等
七人位の奇数の人数で嫁迎えに出かけたそうです。

偶数では割れてしまうので奇数で迎えに行きます。
これをムコイチゲン又はイチゲンと言われているそうです。
この儀式には親はついて行きません。

嫁方でも親戚や隣組の人々を招き祝宴を開きます。
婿は宴の途中で先に家へ帰り嫁の到着を待ちます。宴が終ると嫁方では行列をつくって
家紋入りの提灯を持つ所と松明(タイマツ)を持って送り出すという所もあります。

この時花嫁の荷物というのは行列の後に続いて行きます。
行列が婿方へ到着すると松明を二本両側からかざし花嫁の頭へ菅笠をかざし乍ら花嫁は杖
をついて縁側のほうから家の中へ入り結婚式を行います。

また台地では嫁迎えは平地と同じようにするのですが、花嫁の行列が出発する頃荷物が
婿方へ到着するよう先に出発していたそうです。
山地では嫁迎えと一緒に結納品を持っていきます。

他の行事は平地、台地と同じですが結婚式の際床ノ間に高砂の置物か、軸物を飾り豆腐の
オカラで男根と女陰の形をつくり床ノ間に供えるそうです。
今は一般にホテル、式場、公民館等の利用されているのでほとんどしていないそうです。

 <  前の記事 群馬に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 東京に伝わる結婚式今昔  > 


出会い