金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 地方 >  群馬に伝わる結婚式今昔

群馬に伝わる結婚式今昔

結婚式のスピーチの参考になるように群馬県について紹介します。
群馬県の結婚式というのは昔は「嫁迎え」というのがあったそうです。
これは仲人や親族代表の人たちが嫁を迎えに行くという儀式です。

これは奇数の人数で行かなければいけません。
割り切れる偶数というのは「別れ」に結びついてしまうことから奇数で行うようです。

嫁は婿の家へ、婿は嫁の家へと向かうのですがそれぞれ途中にナカヤドといって休憩所を
設けるそうです。
ナカヤドではオチツキと言い婿の気持ちを落ち着かせるためとも言われています。

また玄関には麻をしめ縄のように張って麻ガラをたいて嫁は笠をかぶって麻ガラをまたいで
縁側から家へ入って結婚式を挙げるそうです。
また引き出物は今とは全然違い菓子折のようなものが多いようです。

披露宴に招待する仕方も組単位でしていたようです。
組というのは今でいう町内会のようなものだそうです。
式場はホテルや公民館などで挙げられているようです。

 <  前の記事 栃木に伝わる結婚式今昔  |  トップページ  |  次の記事 埼玉に伝わる結婚式今昔  > 


出会い