金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 主賓 >  結婚式で来賓のスピーチを頼まれた場合

結婚式で来賓のスピーチを頼まれた場合

結婚式のスピーチで来賓スピーチというのは新郎新婦両家の父親や母親の職業や社会的地位
を持ち上げるような話しはタブーです。

話したくなる気持ちもわからなくはないですが、やはり結婚披露宴パーティーの主役と
いうのは新郎新婦です。なので新郎H新婦二人を祝福する内容や、エピソード、思い出など
を話すようにするほうが良いと思います。

結婚式のスピーチで来賓スピーチするときのポイントをあげるなら、新郎側新婦側の関係
している人たちに職場からわかる性格はどんなのかとか、どのような人柄なのかなどを
思い浮かびやすく話すことでしょうか。

結婚式のスピーチの来賓というのはたいていが職場の上司になる場合が多いのです。
なので普段他の人が知らない職場での感じを話してあげるのが良いと思います。

お祝いの言葉とエピソードや思い出とはなむけの言葉なども言うと会場も和むし新郎新婦
も喜ぶと思います。結婚式スピーチの時間としては3~4分くらいが丁度良いと思います。

 <  前の記事 結婚式では「ありのまま」のスピーチを  |  トップページ  |  次の記事 結婚式のスピーチに長けたプロに頼む  > 


出会い