金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 友人代表 >  結婚式では「ありのまま」のスピーチを

結婚式では「ありのまま」のスピーチを

祝辞というのは結婚式のスピーチの中でも主賓からや友人代表からなどあります。
主賓からの祝辞で結婚式のスピーチというのはだいたいが会社の上司になると思います。
主賓の人というのは祝辞など結婚式でスピーチするのは上手いものです。

やはり人生経験も豊富で知ろう新婦を見てきているわけですから、慣れたものです。

友人代表の祝辞というのは結婚式のスピーチの中で必ずといって良いほどあるのですが
やはりまだ若いということもあるのか、場慣れしていないのかなんだかぎこちない部分も
あると思います。

「祝辞」とか「結婚式でスピーチする」とか構えずにありのままの気持ちを新郎新婦に伝えた
ら良いと思います。それでも結婚式というおめでたい場なのでふさわしくない言葉など
には注意するようにしてください。

祝辞、結婚式のスピーチそのものが初めての人は考えるのにいっぱいになってしまって
ついうっかりということもありますので、出来上がったら一度読み直してみることを
おすすめします。

 <  前の記事 結婚式で新婦がスピーチをする場合  |  トップページ  |  次の記事 結婚式で来賓のスピーチを頼まれた場合  > 


出会い