金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 乾杯 >  結婚式のスピーチ(乾杯をする場合)

結婚式のスピーチ(乾杯をする場合)

乾杯のスピーチを結婚式でするのはだいたいが主賓の次に大切な人か職場の上司や恩師、
親戚などの目上の方がするといったケースが多いです。
乾杯のスピーチといっても結婚式では一番短い挨拶だと思います。

でも乾杯のスピーチを結婚式でする時は短いほうが良いのです。なぜかというと、全員が
起立した状態でしかもシャンパンなどのグラスを持っているわけですから、長く話されて
は疲れてしまいます。

もしどうしても長くなる場合には事前に司会者と新郎新婦にも伝えたうえで、会場に来て
いる人達には話している間は座ってもらうようにしましょう。
乾杯のスピーチを結婚式でするのは以外に難しいものです。

タイミングや声の大きさ、明るさなど全てに気を使わなければいけません。
新郎新婦のスタートともいえる乾杯ですからスピーチを結婚式でするときには練習を何回
かすることをおすすめします。

でもほとんどのかたが人生経験豊富な先輩方ですから慣れているとは思いますが。

 <  前の記事 結婚式のスピーチ(新郎の場合)  |  トップページ  |  次の記事 結婚式のスピーチ(乾杯の音頭を任されたら…)  > 


出会い