金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 新郎 >  結婚式のスピーチ(新郎の場合)

結婚式のスピーチ(新郎の場合)

スピーチというのは結婚式に来てくださっている人ばかりがするのではなく新郎もします。
来てくださった人達への謝辞です。最近ではウェルカムスピーチとも結婚式のときには
言うようで新郎が披露宴の初めにする挨拶のことを言います。

特にスピーチを仲人さんなどなしで結婚式の最初に新郎が行うという形が多くなってきた
ようです。スピーチを結婚式で新郎がする内容ですが、基本はお礼となります。

「本日は両家のために集まっていただき有難う御座います」などといった言葉から始めれば
良いと思います。

次に「先ほど○○で挙式をあげることができました。ご列席ありがとうございました」と
婚儀の報告とお礼を言います。

締めの言葉としては「本日は短い時間ではありますが楽しんでいってください」といった
言葉で大丈夫だと思います。

スピーチといっても結婚式で新郎が話すのは挨拶程度なのでこのくらいの内容で十分だと
思います。新郎新婦の気持ちなので1~2分程度が良いのではないでしょうか。

 <  前の記事 結婚式で友人代表を務める場合  |  トップページ  |  次の記事 結婚式のスピーチ(乾杯をする場合)  > 


出会い