金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 主賓 >  結婚式で主賓が話す場合

結婚式で主賓が話す場合

結婚式のスピーチの中で主賓の挨拶がありますが、やはりほとんどの結婚式のスピーチの
主賓の挨拶というのは職場の上司が多いのではないでしょうか。

やはり仕事も含め人生経験豊富な先輩として新郎新婦を引き立てるような結婚式スピーチ
にしなければいけませんね。

そう考えると結婚式のスピーチで主賓として挨拶するには品格が求められて、格言やアド
バイスなどではなむけの言葉を入れながらの祝辞を話さなければいけません。

結婚式のスピーチで主賓として挨拶するのですから大体が自分が年上となり一定の形式を
踏まえて、でも堅苦しくならないという気遣いも必要ですが、やはり出席者のなかでは
自分より年上の方もいると思うのでその方たちへの気遣いも忘れてはいけません。

結婚式のスピーチで主賓の挨拶というのは友人代表などに比べると多少は長くなっても
良いとされています。結婚式のスピーチで主賓の挨拶というのは新郎新婦や親族は起立
するのが普通となっているので着席してくださいの一言も忘れないようにしてください。

 <  前の記事 両親に宛てて読む手紙  |  トップページ  |  次の記事 結婚式で友人代表を務める場合  > 


出会い