金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 主賓 >  主賓のスピーチはエレガントに

主賓のスピーチはエレガントに

スピーチを結婚式で主賓としてする時の話をしたいと思います。
だいたいスピーチを結婚式で主賓としてするのは披露宴の前半が多いと思います。
スピーチを結婚式で主賓として頼まれるのはほとんどが職場の上司ではないかと思います。

ここでの注意するところは職場の上司だからといって職場の宣伝を長々としてしまうのは
タブーです。宣伝をしたいところですが、主役は新郎新婦ですから新郎新婦にまつわる話
をしてあげましょう。

またスピーチを結婚式で主賓としてするのなら主賓らしく結婚にふさわしい格言やことわざ、
アドバイスなどを話すと良いのではないでしょうか。

ただここでの注意するところは、格言やことわざにももちろん結婚にふさわしくない意味
もあるのでしっかりと意味を知った上で話すようにしてくださいね。
ですが、やりすぎるということも逆に場がしらけてしまうので注意してください。

やはり自分が思っている言葉で新郎新婦にお祝いの言葉を言ってあげるのが一番喜ばれる
と思います。

芳賀マンナ結婚式スピーチマニュアル

 <  前の記事 友人代表のあいさつ(基本編)  |  トップページ  |  次の記事 両親に宛てて読む手紙  > 


出会い