金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 友人代表 >  友人代表のあいさつ(基本編)

友人代表のあいさつ(基本編)

友人代表として結婚式のスピーチを頼まれた場合はやはり気持ちよく受けてあげることが
良いですよね。どうしても友人代表として結婚式のスピーチをしなければいけなと思うと
大役に思いがちですが、ただ新郎新婦におめでとうという気持ちを伝えれば良いのです。

友人代表として結婚式のスピーチをするときの内容の流れとしては始めに自己紹介を入れて
お祝いの言葉を言います。次に新郎新婦の人柄や性格と思い出、エピソードなどを話します。
次ははなむけの言葉です。

二人の人柄から想像されるような今後の幸福な生活について話すようにします。
次に結びの言葉(くくりの言葉)を言います。

「末永くお幸せに」などといったことばを入れながらお礼も言いつつ今後の付き合いの
お願いを話し結びの言葉とすれば良いと思います。
この内容が友人代表として結婚式のスピーチをする流れになります。

この基本を知っておけば例文などがなくても考えてまとめることができるのではないで
しょうか。


結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法

 <  前の記事 乾杯のスピーチのポイント  |  トップページ  |  次の記事 主賓のスピーチはエレガントに  > 


出会い