金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 格言 >  昔、スピーチでよく用いられた「3つの袋」

昔、スピーチでよく用いられた「3つの袋」

結婚式のスピーチの名言といえば、最近は結婚式のスピーチで使われることが少なく
なってきたのですが、名言の1つに入るのが「3つの袋」ではないでしょうか。
何の袋かと意味をご存知でしょうか?

少し前までは結婚式のスピーチの名言といって良いほど多く使われていましたね。
最近は使われなくなってきたので使うと新鮮かもしれませんよ。

3つの袋ですが、まず1つ目は「胃袋」ですね。これは美味しい料理をせっせと作りなさい。
そうすればそれを目当てに早く帰ってきますよ。という意味があります。

2つ目は堪忍袋ですね。これは男性には付き合いがあるんだからちょっとの事では目くじら
立てず怒らない。という意味です。

3つ目はお袋ですね。これは姑さんを大切にしなさい。という意味です。

この3つができれば立派な奥さんになれて、夫婦円満になり幸せになりますよ。という
意味が込められているそうです。改めて聞くとすごいなぁと思いますよね。
是非結婚式のスピーチで名言として使ってみてください。

 <  前の記事 アイデア次第でスピーチもこんなに盛り上がります  |  トップページ  |  次の記事 スピーチの要点がつかみやすいサイトを紹介  > 


出会い