金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 親族 >  親族代表でスピーチする時の注意点

親族代表でスピーチする時の注意点

結婚式で親族代表でスピーチするときの注意点を言っておきたいと思います。
やはり結婚式スピーチで恥はかきたくないですもんね。
結婚式で親族代表でスピーチするときは3分くらいでまとめるようにする事です。

結婚式の親族代表のスピーチといわず結婚式スピーチ全部に言えることかもしれません。
あんまり長くても聞いている人からすれば疲れてしまいます。
400字詰原稿用紙3~4枚といったところでしょうか。

次に結婚式で親族代表でスピーチするときの注意点は新郎新婦両家の仕事のことや家柄
などの内容には触れないということです。

なぜかというと、結婚式スピーチしている本人は感じないかもしれませんが、来ている人
には自慢として聞こえてしまい不快に感じてしまうかもしれないのです。

そんな話しよりも新郎新婦の親族しかしらない良いところなどを含めたエピソードや
思い出などを話すと来ている人にもアピールできて良いのではないでしょうか。
解かりやすく簡単にでも伝わると思います。

 <  前の記事 スピーチの事例やサンプルで満足しきってませんか?  |  トップページ  |  次の記事 手紙でスピーチをスマートに演出できます  > 


出会い