金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 例 >  結婚式ですから不快な表現は避けましょう

結婚式ですから不快な表現は避けましょう

結婚式でスピーチを頼まれたことがあるでしょうか。
頼まれるのなら友人としてが多いのではないでしょうか。
初めてする人には例などを参考にしてまとめてみると良いと思います。

結婚式のスピーチで友人としてする場合どんなことを入れればよいのか例を見てみると、
入れた方が良い内容としては新郎、新婦と結婚式スピーチしている自分はどんな関係なのか
ということですね。

またその内容にプラスしてどのくらいの仲なのかも入れると良いと思います。
さらに加えるのなら新郎新婦がどんな人柄かということもいれると良いと思います。
ただ昔のことを話すのは良いのですが過去の異性関係などのことは避けるようにしましょう。

新郎新婦側からとしては不快な気持ちになります。
いくら友人としてしていても砕け過ぎた結婚式スピーチにはならないようにしましょう。
他にはご両家の人へのお祝いの言葉も入れると良いと思います。

忘れていましたが、最初に自分の紹介もするようにしてくださいね。

 <  前の記事 仲人や司会から学ぶスピーチテクニック  |  トップページ  |  次の記事 ウェルカムスピーチの文例  > 


出会い