金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 友人 >  友人のあいさつの大まかな流れ

友人のあいさつの大まかな流れ

友人の結婚式でスピーチしたことがありますか?
私は初めて出席した友人の結婚式でスピーチをしました。今思い出しても恥ずかしいです。
何も参考にせずに考えていったものですからそれはひどいものでした。

そんなことが起きないように友人の結婚式でスピーチするときのポイントを説明したいと
思います。簡単に結婚式スピーチの流れをいうと、まず始めに自己紹介とお祝いの言葉、
祝辞ですね、この2点を話しましょう。

次に新郎新婦の人柄や長所などを交えて想い出やエピソードを話します。
ここでの注意することはあまりダラダラと話さないことです。
わかりやすく簡潔に話しましょう。次ははなむけの言葉を述べます。

そして結婚式スピーチを任せてくれたことの御礼を新郎新婦に言いましょう。
好印象にもなりますしね。

最後は結びの言葉ですね。結びというのは閉めの言葉のことですが、やはりあまり聞こえ
が良くないことから結びの言葉と言っています。
これが友人の結婚式でスピーチする時の基本となります。

 <  前の記事 友人代表として恥ずかしくない挨拶を  |  トップページ  |  次の記事 スピーチを頼まれたらやり終わるまでアルコールはバツ  > 


出会い