金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 友人代表 >  友人代表として恥ずかしくない挨拶を

友人代表として恥ずかしくない挨拶を

結婚式で友人代表としてスピーチするときの文例を紹介していきたいと思います。
結婚式スピーチというだけでも緊張しますが結婚式で友人代表としてスピーチするとなる
と文例の一つや二つ参考にして考えたいですよね。

友人代表として話すのですから、上司がする様な堅苦しいのではなくても少々砕けた感じ
でも大丈夫です。

ですが砕けた感じが大丈夫といっても親族の方や会社の上司などが来ているわけですから、
新郎新婦の顔を潰さないように気をつけるようにしてください。
また多少は笑いがあったほうが会場が和んで盛り上がりますね。

笑いが出るとみんなが結婚式スピーチしている貴方の方に目を向けるでしょう。
結婚式スピーチということに意識し過ぎてしまってぎこちなくなるのは避けたいですね。
よけい会場も緊張してしまいます。

笑いが出ることによって会場が和み新郎新婦も少しホッとするはずです。
ただ「おめでとうございます」や「ご両家の皆様本日は誠におめでとうございます」といった
言葉は砕けずきちんと言うようにしましょう。

 <  前の記事 友人がしたスピーチ「あいうえお作文」  |  トップページ  |  次の記事 友人のあいさつの大まかな流れ  > 


出会い