金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 手紙 >  手紙を読む場合は棒読みにならないように

手紙を読む場合は棒読みにならないように

結婚式で感動するスピーチにするにはどういったことに注意すれば良いのでしょうか。
結婚式スピーチを頼まれると丸暗記しようと必死になってしまって感情もなく文章を棒読み
で読んでしまうケースが多いと思います。

それでは感動どころかしらけてしまいます。
丸暗記しなくても紙を見ながらでも大丈夫なんです。
紙を見ながらでも感情をこめて新郎新婦の顔を見ながら読むだけでも違ってきます。

結婚式で感動するスピーチにするぞと気合を入れると文章や言葉にばかり気がとらわれて
しまって読むことに必死という人がいます。

たとえ内容がすばらしく感動するようなものでも読み手、話し手の表情や声、スピードなど
が上手くなければ結婚式で感動するスピーチをしたとは言えないでしょう。
あまり深く考えずに自分の思うままお祝いの言葉を言うということも大切だと思います。

あとお酒がどうしても入ると思いますが、本当に結婚式で感動するスピーチにしたいのなら
酔うことだけは避けたほうが良いと思います。
酔っていては思いの半分くらいしか伝わりませんからね。

 <  前の記事 親族のあいさつの前はお酒は控えめに  |  トップページ  |  次の記事 挨拶には感謝を込めて  > 


出会い