金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 親族 >  親族のあいさつの前はお酒は控えめに

親族のあいさつの前はお酒は控えめに

結婚式のスピーチで親族がするといったら両家の親族代表として新郎の父親がすることが
多いのではないでしょうか。
ですが最近の結婚式のスピーチでは親族代表で新婦の父親もしているようです。

または結婚式のスピーチで親族代表の謝辞がないところもあるようです。結婚式のスピーチ
の親族からの謝辞とかは一言で良いと言えば良いのですがあんまり短いのも気持ちが伝わ
らないと思うので2分~3分くらいが丁度良いのではないでしょうか。

本に紹介されているような内容を話すのも良いのですがスピーチや余興などをしてくれた人
の名前を述べて感謝の気持ちを伝えると会場にきている人も嬉しく思うでしょうし場も
静まりかえり気持ちも伝わることと思います。

お酒も入っての結婚式スピーチになると思うのですが酔ってしまっての結婚式スピーチや
嬉しさのあまり泣き崩れての結婚式スピーチは結婚式のスピーチのしかも親族代表からと
しては好ましくありませんね。

会場の人たちに楽しんでもらい気持ちよく帰っていただくためには結婚式のスピーチを
親族からというのは重要になってきます。

 <  前の記事 主賓として求められるスピーチの品格  |  トップページ  |  次の記事 手紙を読む場合は棒読みにならないように  > 


出会い