金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 主賓 >  主賓として求められるスピーチの品格

主賓として求められるスピーチの品格

結婚式のスピーチで主賓の人がしますが、その頼まれた人というのは普段からもいろいろ
な場所などで話などをする機会が多いのだろうと思っています。
場慣れしているというか、どっしりと構え何も持たずに話していることが多いと思いませんか?

ですが逆にいつも話し慣れているということは聞いてもらえるのが当たり前と考えて
しまって長々と自分の会社の話などをしてしまうケースもあります。
これでは会場にいる人達は面白くありません。

うんちくや自分の経験を入れつつ、新郎新婦にまつわるエピソードを楽しく話すことが
できたら理想ですよね。
そうすれば新郎新婦も結婚式のスピーチ、主賓に頼んだ甲斐があったと喜ばれるはずです。

また会場に来ている人たちにさすが「結婚式のスピーチ、主賓の人はすごいな」と思って
もらえることで新郎新婦に箔がつきますね。

結婚式スピーチは頼まれた側も大変だと思いますが頼む側である新郎新婦も選ばなければ
いけないという大変さがあります。

 <  前の記事 素晴らしい上司のスピーチ  |  トップページ  |  次の記事 親族のあいさつの前はお酒は控えめに  > 


出会い