金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 例文 >  一番多い、友人のあいさつ

一番多い、友人のあいさつ

結婚式のスピーチで友人としてする場合の例文を紹介したいと思います。
いちばんこのケースで結婚式スピーチをするのが多いのではないでしょうか。

私も実際、結婚式のスピーチを友人として行ったので例文があると参考にもできて助かる
と思います。ポイントとしては友人として話すので、上司がするのとは違ってそんなに
固い話になり過ぎないことです。

結婚式スピーチで避けたほうが良い言葉や言葉遣いさえ気を付けていれば大丈夫だと思い
ます。

新郎新婦へのお祝いの言葉から始まり自分の紹介、新郎新婦と自分の関係や関係の深さ、
思い出エピソード、そしてくくりの言葉、最後にお祝いの言葉という感じで進んでいけば
良いと思います。

結婚式スピーチの長さは大体3~4分くらいが丁度良いとされているので一度まとめて
みて読んで計ってみると良いですね。

そのくらいの時間であればあとは声の大きさや読む速さなど何度も練習しておくことを
オススメします。本番は緊張するので思うように読めないことが多いです。

 <  前の記事 新婦の読む手紙  |  トップページ  |  次の記事 挨拶とは言っても奥が深いです  > 


出会い