金井英之《元NHKアナウンサー》のあがり症克服はこちら↓

Top >  結婚式スピーチ 乾杯 >  乾杯のあいさつとスピーチの違い

乾杯のあいさつとスピーチの違い

結婚式のスピーチの中で乾杯の挨拶ありますよね。あれって私のイメージの中ではご年配の方
というイメージがあるのですがみなさんはどうでしょうか。
結婚式のスピーチと乾杯の挨拶とはまた違ってきます。

結婚式のスピーチはだいたい3~4分くらいで話すのですが乾杯の挨拶は30秒~40秒くらいで
話します。
新郎新婦を含めて全員がグラスを持って起立し発声者の方に顔を向けます。

ものすごくシンプルに「○○君、○○さん結婚おめでとう!」で乾杯でも結構なんですが、二人
へのお祝いの言葉とか新郎新婦へ結婚生活のアドバイスなど一言添えるのも良いのではない
でしょうか。

結婚式のスピーチとは違って乾杯の挨拶はタイミングやノリが重要になってきます。
話すスピードは遅すぎてもいけません。
ややスピードがある程度ではっきり大きく話します。

そうすれば会場にいる人たちの唱和も自然と声が大きくなってノリがよくなります。
会場を盛り上げる第一声ではないでしょうか。

 <  前の記事 主賓のあいさつは欠かせないスパイスです  |  トップページ  |  次の記事 この間の友人のスピーチ  > 


出会い